宮崎での日帰り白内障手術―白内障・網膜剥離・糖尿病網膜症・眼瞼下垂・逆まつげ・眼瞼内反・眼精疲労の治療は杉田眼科医院へ。
医療法人 共生会 杉田眼科医院
トップページへ戻る よくあるご質問 お問合せ リンク
診察を受けたい 杉田眼科を知りたい 白内障治療について 眼の病気について メガネ・コンタクトレンス
 白 内 障
 白内障とは・・・
 人間の眼はよくカメラに例えられますが、カメラのレンズに当たる部分が水晶体と呼ばれます。水晶体の中身は、たんぱく質と水分から構成された透明な組織です。
 正常な水晶体は透明で光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。
 これが「白内障」です。
 水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなると共に、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。
 もっとも多いのは加齢によるものであり、これは「加齢性白内障」と呼ばれています。個人差はありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。
正常な眼球 白内障の眼球
水晶体は透明で、
光をよく通す。
水晶体が濁ってくると、
光がよく通らなくなる。
 白内障の症状
 以下のような症状が出ます。
1.かすんで見える 2.まぶしくなる。
  明るいところで見えにくい。
3.一時的に近くが見えやすくなる。
  眼鏡が合わなくなる。
4.二重、三重に見える。
 白内障の治療
 日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせます。ただし、これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅らせるもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
 白内障が進行して、日常生活の不自由を感じるようであれば、手術を行います。
  ―白内障手術は日帰りで出来ます―
こんな時は手術を考えましょう!
視力が低下して、
仕事に支障がある。
外ではまぶしくて、
極端に見えづらい。
視力が0.7以下になって、
運転免許の更新ができない。
手術について(経費等)
杉田眼科医院 宮崎県宮崎市橘通東3-2-30 お問合せはこちらへ
 (C) 2009 Sugita eye clinic. All right reserved.