宮崎での日帰り白内障手術―白内障・網膜剥離・糖尿病網膜症・眼瞼下垂・逆まつげ・眼瞼内反・眼精疲労の治療は杉田眼科医院へ。
医療法人 共生会 杉田眼科医院
トップページへ戻る よくあるご質問 お問合せ リンク
診察を受けたい 杉田眼科を知りたい 白内障治療について 眼の病気について メガネ・コンタクトレンス
 診療のご案内
当医院では、一般的な眼科診療(白内障・緑内障・結膜炎・アレルギー性結膜炎・角膜炎・ドライアイ・眼精疲労など)から、 日帰り白内障手術、緑内障・糖尿病性網膜症などのレーザー手術、コンタクトレンズおよびメガネの検査処方や、その他緊急を要する疾患まで幅広く対応できるよう、 土曜日も17:00まで受付しております。
軽い症状やご相談のみでもお気軽にご利用下さい。
また、宮崎大学医学部附属病院との連携も行っております。
 白内障手術について
白内障手術は経験豊富な医師が担当いたします。
当医院の白内障手術は日帰り予約制となっております。
ご希望の方は相談の上、手術前の検査および手術日をご案内いたしますので、事前にご来院の上医師の診察をお受け下さい。
 診察の流れ
問 診 @視力検査 A眼圧検査 B細隙灯顕微鏡検査
C眼底検査(散瞳・無散瞳) 疾患説明 投薬(院外処方箋)
@視力検査>
眼科は「視力に始まり、視力に終わる」といわれるほど、重要な検査です。
「この前検査したから・・・」と思われる方も多いようですが、医師も検査をしないと症状の判断ができない場合もありますので、ご協力をお願いします。
A眼圧検査>
緑内障(視野が狭くなる症状が特徴)の早期発見と使用薬剤の判断や、散瞳状態(眼薬により瞳孔を拡げる)での眼底検査のために必要な検査です。
B細隙灯顕微鏡検査>
医師が特殊な顕微鏡を使い、前眼部(角膜・結膜・虹彩・水晶体など)を診察します。
C眼底検査>
医師が特殊な検査機器を使い、眼の奥(眼底)を診察します。
眼底検査には「散瞳(眼薬で瞳孔を拡げる)」と「無散瞳」があります。
散瞳状態で行う眼底検査は、医師が眼底の隅々まで観察することができますが、無散瞳で行う場合には、限られた範囲でしか観察できません。
糖尿病の診断を受けられている方や、眼底疾患が疑われる症状(眼のかすみ・飛蚊症・急激な視力低下など)がある場合は、散瞳下での眼底検査をお勧めします。
以上が一般的な診察の流れですが、その他症状に応じて必要な検査をご案内します。
「メヤニ・充血」が著しい場合は、伝染の危険性を考慮し特別の配慮を行います。
杉田眼科医院 宮崎県宮崎市橘通東3-2-30 お問合せはこちらへ
 (C) 2009 Sugita eye clinic. All right reserved.