宮崎での日帰り白内障手術―白内障・網膜剥離・糖尿病網膜症・眼瞼下垂・逆まつげ・眼瞼内反・眼精疲労の治療は杉田眼科医院へ。
医療法人 共生会 杉田眼科医院
トップページへ戻る よくあるご質問 お問合せ リンク
診察を受けたい 杉田眼科を知りたい 白内障治療について 眼の病気について メガネ・コンタクトレンス
 逆まつげ・眼瞼内反
 逆まつげ
・どんな病気?
逆まつげは、まつげが眼球のほうに向かって生えている状態をいいます。
・原因
結膜やまぶたの病気の後にできた瘢痕のためにまつげの毛根が曲がってしまうことによりなります。
・症状
まつげが角膜の表面を刺す状態が続くと、角膜に傷がつき、痛みや視力障害を起こしたり、細菌感染を起こしたりします。
・治療の方法
まつげの抜去、点眼、手術などによる対症療法が行われます。
手術について(経費等)
 眼瞼内反
・どんな病気?
眼瞼内反も一般に逆まつげと呼ばれていますが、これはまつげの乱生ではなく、まぶた自体が眼球のほうにむかっているため、まつげばかりではなく皮膚も角膜に触れている状態をいいます。
・原因
眼瞼内反は、赤ちゃんのときからみられる先天性のもの、お年寄りで皮膚が弛緩しておこるものなどがあります。
・治療の方法
先天性のものの多くは、下まぶたにみられますが、これは成長につれて軽くなることもありますので、経過を見るのが一般的です。 症状が高度なものでは、手術を行います。
・手術について
外来での手術が可能で入院の必要はなく、抜糸までは1週間ほどです。健康保険の適用になります。
手術について(経費等)
杉田眼科医院 宮崎県宮崎市橘通東3-2-30 お問合せはこちらへ
 (C) 2009 Sugita eye clinic. All right reserved.